Information

2019/11/13 04:25

星の道、北斗七星を巡るための「北斗七星巡礼講座(仮)」開催します!@12/14

2017年夏に始まった、大地に星を探す旅も、この夏ひと段落し

 

北斗七星を見つけ、つなぎ、この間、白山まで行って来て

一つなぎの星の道が完成しました。

 

この星がね、全部つながったのですよ!

 

巡ってみてわかったのは、やはり北斗七星は、

私たちの意識とつながっているということ

 

そして、大地と天の宇宙時計が揃った今、

 

大地の北斗七星を巡ると、私たちの内なる針も、天と地と揃い

宇宙の時を刻むようになるのです。

 

それは、

自分の可能性は開いていく、自分軸で生きる人生が始まるということ。

 

 

とにかく北斗七星は「鍵」なんだと

周りの変化を見て、そう実感してます。

 

 

なんか、想像してたより、すごいもの発見しちゃったなと

今さらながらが思ったりして(笑)

 

シンクロが続いて始まった星探しが、こんな風になるなんて

予想を超えすぎ。

 

でも、周りの変化を見ていたら、この時代、このタイミングで

北斗七星が蘇ったのは必然なんだなとも思う。

 

 

意識の目覚めとか、自分らしく生きるとか

これからは、本当にもう、当たり前になるんだな。

 

古代への意識の帰還というか

古代の叡智が復活するというか

 

全然、特別なことじゃなくなる。

 

そして、現代の物質的な豊かさを維持しながら

精神性も縄文時代のごとく高めていく。

 

全く新しい世界が始まる。

私たちはその世界を創る、生きる。

 

あー、心から、楽しみしかない(笑)

この時代に生まれて感謝だわー。

 

 

新しい時代を生きるために、自分を知ること、自分軸で生きること

確固たる自分軸を持つこと

 

そのために、大地に描かれた北斗七星を巡ること

 

 

夏が終わる頃から

北斗七星を巡りたい!という声をいただくことが多くなりました。

 

で、あっという間に

個別にお答えしている感じではなくなってきたので・・

 

巡礼に必要な情報をまとめてお渡しする場所を作りたいと思います!

 

題して「北斗七星巡礼講座(仮)」

 

名前はまだ変わる可能性あり・・でもやりたいことは変わりません。

 

 

日程は、12/14(土)を予定しています。

 

興味のある方は、予定空けておいてね!

 

 

場所は、名古屋。(名駅か栄か)

 

北斗七星を一緒に巡った鳳梨さんと二人で、星をつないだお話しやら、

アレコレとブログに書けていないことも交えてお話ししたいと思います。

 

そして、会の最後には、ご自身で北斗七星を巡るための

場所の情報も、巡り方も、北斗七星と私たちの意識のつながりのことや

生命の樹との関係なんかも知ってもらって

 

準備万端!になっていただくのが目的です。

 

なんかね、年明けたら、北斗七星を巡る人がたくさん出てくる予感が

してるのです。

 

根拠ないんだけど・・

 

そのためにも、講座で切符渡すのかなーと。

巡礼のための情報、切符。

 

そんな感じがしております。

 

 

これ以降のご案内は、ホームページや新ブログで行います。

このブログはもう少ししたら閉じますので、詳細はこちら↓でご確認ください。

 

 ホームページ:https://sadalsuud.info

 新ブログ  :https://stars-road.hatenablog.com

 

 

マニアックな部分までお話しするとなると、入りきるのかー?という不安。

でも話したい(笑)

 

なので、マニアックトークできる懇親会的なものも企画しようかなと

鳳梨さんと相談中です。

 

ご希望あれば教えてくださいねー。

 

募集人数もまだ確定してないですが、

もう何人か予約希望をいただいてます。

 

ご希望の方はとりあえずお声がけください。

先行予約だけで終わっちゃう可能性もあるので。

 

 ↓先行予約ご希望の方はこちらから連絡ください

 https://sadalsuud.info/contact

 

 

 

北斗七星から白山への星の道は、

地球意識、太陽意識、銀河意識ともリンクします。

 

そして、ジオセントリック、ヘリオセントリック、パランの

各ホロスコープとも。

 

そのあたり、ブログに書いていきたいと思います。

2019/11/13 03:21

悟りの奥義「嫌いなことをやめて、好きなことをする」ためのノート術講座、やります!

自分の好きなことがわからない・・

 

自己対話ってどうしたらいいんでしょう?

 

セッションの中で、こういうお声をよく聞きます。

 

でも、セッションの中で、そこまでお伝えする時間がなくて・・

 

 

なので、ちゃんと専用の場所と時間を作ってお伝えしたいと思います。

 

そしてこれは、実体験から断言!

 

なんだかんだ言って、このノート術、

意識の目覚め、自分を知ること、悟りへの「究極の奥義」

なんじゃないかなあと思う。

 

 

意識の目覚めとは、自分を知ること。

 

それは一朝一夕にはいかず、コツコツ日々、自分と向き合う必要があります。

 

 

自己対話の方法は、瞑想とか、色々あるけれど
ノートを使って自己対話する方法は手軽だし、一人でできるし、

少しの隙間時間で続けられるし、ほんとオススメなのです。

 

 

以前、方法や考え方については、以前ブログ記事にしてるので、

 

↓こちらの記事

★魂の進化のお話し⑤〈「嫌いなことをやめて好きなことをする」のコツ〉

 

こちらを読んで自分で試してみてもらってもよし。

講座でトライしてもらってもよし、です。

 

とにかく、やるとちゃんと効果出るから、自己対話に悩んでる人は

ぜひ試してみてほしいな。

 

 

最初のとっかかりが難しい人は、講座に参加してみてね。

 

せっかくだから講座では、この記事の方法に加えて

「自分の心の疲労度を見える化するワーク」や

「自分の好きなこと、嫌いなことの共通性や価値観を知るワーク」も

やろうと思います。

 

客観的かつ多面的に自分の「心」を知る。

 

自分の奥深さに気づく、きっかけにもなると思いますよ!

 

 

ノート術講座は、とりあえず年内、何回かやりたいと思います。

 

 

●自己対話ノート術講座●

 

◯日程

・11/19(火)

・11/25(月)

・12/2(月)

・12/3(火)

・12/9(月)

 

◯時間 13:00〜16:00

 

◯料金 4,000円

 

◯定員 5名

 

◯場所 Hair & Spa Salon アンズ(名古屋市荒畑駅すぐ)

    https://ans-hair.net

 

◯申込み方法

    ホームページのお問合せフォームより

    【ご希望日時】をご連絡ください。

 

            ↓お問合せフォームはこちら

    https://sadalsuud.info/contact

 

    詳細は、お申込後にメールでご連絡します。

   

 

 

今のところ対面だけだけど、リクエストがあればオンラインも対応します。

要望あれば教えてくださいね。

 

 

 

 

自分と向き合い、魂の本筋に向かわないといけない人が

一段と増えてきている印象で・・

 

こういうことも、これからはお話ししていくんだと

ホロスコープ伝えるだけじゃダメなんだなと

 

なにやら、そんな感じです。

 

自分を知るプロセスを自分の力で進むための「道具」を

お渡しするつもりでやります!

 

いるー!と思う方は、受け取りに来てくださいませ。

 

かなり大事なことお伝えするんだと思ってます。

 

2019/11/12 15:44

牡牛座満月リーディングをアップしました

牡牛座満月リーディングをアップしました

 

インスタ  →https://www.instagram.com/p/B4wUq9KD67J/

ブログ   →https://stars-road.hatenablog.com

ホームページ→https://sadalsuud.info/calendar/2456562

2019/11/05 01:42

セッションを新規でご希望の方へのお知らせ

 

2019年11月より、新規のセッションのお申込みは受付けを終了し、

アンズやこれまでにセッションを受けられた方からのご紹介のみ、お受けしております。

 

ご紹介者様がいらっしゃらない方については、

アンズのご利用と合わせてのご予約のみ、新規セッションをお受けしております。

 

初めての方でセッションをご希望の場合は、アンズまでお問合せください。

 

Hair & Spa Salon an's(アンズ)→https://ans-hair.net

2019/11/04 03:23

Blogを新しくしました!

アメブロでBlogを綴ってきましたが、2019年11月より

はてなブログに新しい場所を作ることにしました。

 

移設作業後、11月後半にはアメブロを削除します。

ホームページからBlogへのリンクは、移設中は、新旧どちらも

表示しています。

作業終了後、旧ブログへのリンクは外しますので

よろしくお願いします。