Schedule

天体の動き  2020-02-24 (月)

魚座新月

New Moon 0:32

魚座新月 〜魚座時代の終焉、2000年の時を超える

 

2/24に魚座新月を迎えました。

 

かなり時間が空いてしまったのですが、感覚的な部分を含め

メモ的に星読みしておきたいと思います。

 

かなり大事なポイントに今いるな、と感じてます。

 

 

こちら、魚座新月のホロスコープ

 

星がホロスコープの下半分に集まり、魚座にIC、そこに4天体。

 

山羊座にも4天体が集まり、魚座の新月(月と太陽)は、山羊座に入ったばかりの火星と、牡牛座天王星と響きあいます。

 

このホロスコープを見た時に感じたのは「魚座時代の終焉」

 

今はキリスト誕生の頃から2000年続いた魚座時代の終わりと

新たな水瓶座時代の2000年の切り替わりのとき。

 

2020年12月に水瓶座時代が本格的に始まる直前。

 

魚座時代の2000年に築かれてきたもの、基準となってきたもので

これからの時代に必要のないものが、形を大きく変えていくのを感じます。

 

特に今、変化を感じるのは「時間」の感覚。

 

 

時間は、一定のリズムで時を刻む。

 

この概念に基づく、時計や暦の仕組み。

 

社会の根底にある「時の概念」が変化していくような感覚が強くあります。

 

 

科学的には時間は伸び縮みするもの。

 

体感的にも、夢中になっている時は時が経つのは早く感じるし、つまらないことを我慢している時はなかなか時間は進まなくて、時間が一定のリズムを刻まないことを肌で知っている。

 

 

風の時代になり、私たちの意識は地球意識から太陽意識、銀河意識へ。

 

星とつながり、閉じていた「かつての感覚」を取り戻していく。

 

その中で、時空間の本来の姿を感じる力も取り戻すのかもしれません。

 

 

2ハウスが示すのは私たちの5感。

そこを山羊座の4天体が揺さぶる魚座新月の星回り。

 

魚座時代に生活の基盤になっていた能力が、破壊され、再生していく。

 

牡牛座の天王星が、かつての感覚を新しい姿で蘇らせる。

 

 

私たちは、2000年の時を超えて失われた力を取り戻そうとしている。。。

 

自分で書いてて、なんのこっちゃだけど、

半年後の魚座満月の頃、今起きていることの意味がわかるでしょう。

 

 

 

新型肺炎の流行も、見えるボディ、見えないボディどちらも変化(進化)を促されているような気がします。

 

肺の浄化が大事なんだな、きっと。

 

 

3/10の乙女座満月の星の配置も、身体の変化をゴリゴリ強調したような配置です。

 

満月の星読みは、また別で。