Astrology Calendar

蠍座満月

2019-05-19 (日)

Full Moon 6:11

 

ブログ→<蠍座満月>本当の自分の役割へ舵を切る。運命の扉が開く。

 

バタバタしていたら、あっという間に満月を過ぎていた・・

 

今更感ありますけどw 蠍座満月の星読みしておきます。

 

 

 

 

5/19 6:11 蠍座で満月を迎えました。

 

毎年5月の満月は「ウエサク」と呼ばれ、全てのものの目覚めのために、天界から強い エネルギーが降り注ぐ日だと言われています。

 

京都の鞍馬寺ではこの日、秘技が行われるとか。

 

みなさん体感的に、いかがでした?

 

 

 

わたしの周りは、体調面に強く出ている方が多い印象で、特に、子宮周りや皮膚の不調をよく見かけました。

 

あと、満月前からものすごい眠い人も多かったなあ。

 

眠いわりに眠りは浅くて、変な夢見て目が覚めるとか。

 

わたしは夢に大量の蛇が出てきて、うなされて目が覚め、再び眠るとまた蛇だたくさんいて目が覚める。

一晩にこれを何度か繰り返しました。

 

怖くはないけど、お腹のあたりから蛇が次々と出て行くイメージもあり、

無意識に潜んでいた何かが満月の影響で浮かび上がり、昇華されたような感じがします。

 

前日に蛇を見たから、蛇をシンボルに顕在化されたのかなー、と。

 

実に蠍座らしい出来事でした。

 

 

 

 

 

先日も書きましたが、5/4の牡牛座新月あたりから

「継承」の時間軸が続いています。

 

この蠍座満月は、そのピーク。

 

 

 

満月のサビアンシンボルは蠍座28度「自分の領土に近づく妖精たちの王」

 

自分を信じること

自分への回帰

自立

 

などを表します。

 

 

本来の自分の役割、居場所へ降り立つ。

自分の力を信じて、役割を全うする。

 

多くの人が、本当にやりたいことに気づき、人生の舵を切る、そんなタイミングなんだろうと感じます。

 

継承するものは、本来の自分の役割に戻るために必要な何か。

それは、人により様々でしょう。

 

 

 

太陽のサビアンシンボルは牡牛座28度「 成熟したロマンスに、胸躍らせる女」

 

社会の制約を突破して進む

新しいことへチャレンジする力

 

などを表します。

 

 

人生の舵を切るということは、未知のエリアに突入するということ。

 

やったことないことをやるんです。

必ず何かで失敗します。

むしろ失敗のないチャレンジは、チャレンジしてるとは到底言えない。

 

間違えながら学び、進むのです。

 

この満月を境に、人生のメインストーリーが輝き始める人も多そう。

たくさん、冒険しましょう!

 

 

 

自分の道を進むためのインスピレーションや気づきを

たくさん受け取る配置です。

 

満月前後に見た夢や、気になる言葉、感覚は気にしてみてくださいね。

 

 

 

 

個人的には、蠍座の満月や新月は、いつも真っ裸にされてる気分w

 

地位もお金もステイタスも、飾るものを何も持たない「わたし」でも

 

今やろうとしていることを、やり続けられるのか?

続けたいのか?

 

本当に、心の底から望むことを今、掴んでいるのか?

 

 

剥ぎ取られて、むき出しになった心で自問自答を繰り返し、純度を上げる。

蠍座は、厳しくまっすぐに問うてくるなあと毎度思います。

 

だから、この時期は嫌でもストイック(笑)

 

ここから半年、裸のわたしで決意したことを実行し、また半年後に見直す。

 

これって、「生きること」そのもののサイクルなんですよね。

このリズムをつかむと人生が前進する力が養われます。

 

蠍座は「生」も意味するから、、、、なるほどなーと思う。

 

 

 

 

引き続き、再誕生した女性生の新たな形が作られている最中。

男性生は癒しが進んでいます。

 

今年のテーマであるセクシャリティの価値観の刷新は、

女性生、男性生の再誕生と新たな形の創造をベースに進むでしょう。

 

しばらく再生モードが続きます。

 

個人への影響は、これからさらに加速するでしょう。