Astrology Calendar

土星逆行開始

2019-04-30 (火)

ブログ→<土星と冥王星の逆行>平成から令和へ。新時代、新世界へバトンがつながる。

 

 

 

平成最後の本日4/30に、土星が逆行に転じました。

 

数日前、4/25には冥王星も逆行を開始していて、

今日から山羊座で重なる2天体が揃って逆行となります。

 

 

冥王星と土星の逆行について、いつものように星読みしようかなと思っていたのですが、

なんだか今回はそんな感じじゃないんですよね。。

 

 

天王星が太陽とコンジャクションした4/23あたりから、不思議な空気感が続いてまして、

ようやく今日、言葉にできるかな、というところです。

 

なので、いつもの星読みとはテイストを変えて、ここしばらくの空気感と星の動き、

これからの流れを書いてみたいと思います。

 

 

 

 

 

天王星と太陽が重なった4/23ごろ

「これまで」と「これから」の「切り離し」が強く働きました。

 

 

続けて、4/25に冥王星の逆行がはじまり、

 

この世界を縁取る目に見えない枠組みの、普段はかき混ぜられない底の底に手が入り、

何度か天地返しされるような「撹拌」の感覚を強く感じました。

 

天体の逆行のはじまりや終わりは「留」というエネルギーが強い状態になります。

 

冥王星は破壊と再生の星。

 

逆行により、普段は手の入らない深い場所へスポットライトが当たり、

「留」の強いエネルギーで見直しがかかった。そんな印象です。

 

 

その後、土星の逆行が近づき、この2日間くらいは自動的にどこかへ運ばれている感覚が強くあります。

 

なにやら「振り分け」が進んでいるような。。。

 

 

物質的な「わたし」が現実世界の中で、生活し、息をしている傍らで、

目に見えない部分の「わたし」は、行き先のわからないエスカレーターに乗り

どこかに運ばれている。

 

今日、ようやく「移動」の終わりが見えてきた感覚あり。

 

5/5の牡牛座新月までには、行き先が見えてくるのではないかなあと思います。

 

 

今、冥王星も、土星も山羊座にあり、社会の枠組みを作り変えている最中。

 

冥王星が根本的な基盤の創造を、

土星は「これまで」から必要なものを残し「これから」の現実世界を作りあげる

橋渡し的な役割を担っているイメージで

 

冥王星が描く理想を、土星はソフトランディングさせながら

現実のロードマップに落としている感じかなあ。

 

 

で、逆行は、これまでの進捗を振り返って

ロードマップの修正をするタイミングで

 

冥王星の逆行により、目に見えない「わたし」が撹拌され、

浮かび上がったものの中に「これから」を作る大事なエッセンスがあるようです。

 

 

月は今日、海王星と重なり、無意識の中の大事なエッセンスを受け取り

5/5の牡牛座新月で太陽と重なる。

 

だから、今日から5/5の牡牛座新月までに浮かんでくるイメージは重要で、

メモするなり、絵にするなり、視覚化しておくのがオススメです。

 

牡牛座は物質的なものや豊かさを表すから、より具体的に、

将来の姿が見えてくるんじゃないかなと思います。

 

それに、天王星も牡牛座にいるから、

天王星牡牛座時代の「わたし」の姿が具体的になるとも言える。

 

どんな「わたし」が見えるでしょうね?

楽しみだなー^ ^

 

 

 

 

そして、今回の2天体の逆行には、もう1つ大事なポイントがあるなと思うのですが。。

 

 

冥王星の逆行は、山羊座23度ではじまり、山羊座20度で順行に転じます。

 

順行に転じる時のサビアンシンボルは「リレー競走」

 

自分の役割を責任を持って全うし、次へバトンを渡す。

環境に合わせて仲間と協力し、物事を達成する。

企業や国家間の競争。

 

といった意味を表します。

 

 

土星の逆行は、同じ山羊座20度ではじまり、山羊座13度で順行に転じます。

 

そして、今土星には過去生のカルマを表すドラゴンテイルが

ちょうどピッタリ山羊座20度で重なっています。

 

 

平成から令和へと元号が切り替わるちょうど同じ時に、

山羊座20度がものすごく強調されている。

 

 

自分の役割を全うしてバトンを渡す。

 

新世界、新時代へバトンをつなぐ。

 

 

「令和」に込められた思いと重なり、とても強いメッセージ性を感じます。

 

 

わたしたちは、本来あるべき役割に付き、新しい令和という時代を、

自分の役割を全うして自分らしく生きていく。

 

これまでの自分を縛っていた枠とはサヨナラして、

本当の自分らしさを取り戻し、自分を活き活きと楽しむ。

 

その先には、新しい世界が待っている。

 

 

5/1 0:00ちょうどに、みんなの意識が「令和」へと一斉に切り替わる。

 

令和に込められた思いは「一人一人が自分らしく生きる時代であること」

 

日本人の集合意識に「令和」の思いが統合され、

新しい世界への第1歩がはじまる。

 

 

 

大晦日ムードも高まり、令和への期待が膨らんでいます。

 

元号が使われるようになってからの千数百年。

 

こんなに、次の元号に人民が歓迎ムードだったことあるんだろうか!?

この状況そのものがすでに、新時代の到来を告げているような気がする。

 

Happy New Period "Reiwa"

 

残り数時間。

 

大晦日、楽しみましょうー^ ^