Schedule

天体の動き  2019-04-19 (金)

天秤座満月

Full Moon 20:12

ブログ→<天秤座満月>時は満ち、約束の地に立つ。「わたし」の帰還。

 

 

 

4/17  20:12 、今年2度目の天秤座満月でした。

 

 

特に何がという理由はないのですが、月が天秤座に入った頃から感無量感が溢れ

久しぶりに「満ちる」感覚の強い満月を過ごしています。

 

溢れ出るのは、今、生きていることへの感謝

 

と、同時に、

 

約束の地に戻ってきた、という達成感。

 

 

平成最後の満月の今日、降り立つ場所は決まっていて、

その場所へ、幾多の困難を乗り越え、ちゃんと着地できた!

 

生きて、ここに立つこと。それが約束だった。

できてよかったー!

 

そんな感覚を強く感じています。

 

みなさんは、いかがでしたか?

 

 

 

 

 

 

今年2度目の天秤座満月。

 

月は天秤座29度。サビアンシンボルは「哲学者の頭にある3つの知識のこぶ」

 

思考、感情、意志を統合し、人間性の完成を目指す。

深い哲学性と、理想を実現しようとする姿勢。

これまで温めてきたものを実践する。

 

といったことを表します。

 

 

太陽は牡羊座29度。サビアンシンボルは「アヒルの池とその雛」

 

自分にふさわしい場所に戻る。

心の声に従って馴染みある生き方に戻る。

定位置への帰還。

 

といったことを表します。

 

 

思考、感情、意思という、見えない部分のわたしを鍛錬し、成長させてきたその結果、

自分の戻るべき場所へ導かれ、ここが定位置だったという場所を思い出した。

 

わたしは、本来の「わたし」を取り戻し、この場所へ戻ってきたのだ。

 

そして、わたしは、ずっとこの場所へ戻りたかった。

 

とても長い時間がかかったけれど、ようやく戻ってくることができた。

 

 

そんな、

 

達成感と満足感が混じり合った、安堵の思いを感じられるような場面に、出会ったのではないでしょうか。

 

 

 

山羊座で土星と冥王星、ドラゴンテイルがコンジャクションし、月と太陽と葛藤の配置を取ります。

 

時間や空間を超え、何度も生まれ変わり、それでも忘れることのなかった、魂に刻まれた約束が果たされる時。

 

この満月で戻る場所は、古い古い約束を果たすための、あなたの本来の役割、定められたポジション。

 

そこに戻るために、長い時をかけて旅をして来たのです。

 

ようやく「わたし」は戻って来ました。

 

そして、それは、精神性と物質性が調和された「わたし」の再誕生を表します。

 

 

 

 

太陽が天王星とコンジャクション。

 

その古い古い約束を思い出させるようなできごとは、思いも掛けない形でやってきそうです。

 

天王星は牡牛座入りしたばかりでエネルギーが強く、何か運命的なものを引き寄せる、

そんな力が強くなっています。

 

 

太陽と天王星がジャストで重なるのは4/23ごろ。

 

今日から数日間は、何か予想を超えたできごとで、あなたを本来あるべき場所へ

誘うようなできごとが、特に起こりやすくなっています。

 

一見ネガティブなことも、一歩引いてみれば、必要なことだとわかるはず。

あなたを本来の定位置に押し流してくれます。受け入れて、流れに身を任せましょう。

大変そうに見えて、その選択が一番安パイです。

 

 

そして、

 

今年の太陽と天王星のコンジャクションは

「切り離し」がテーマだというイメージがきています。

 

 

 

突発的な「何か」に流されている間、これまでのあなたの居た世界とのつながりが

切れてしまう感覚に陥り、もう戻れないという不安に襲われるかもしれません。

 

でもいいんです、戻れなくて。

 

これまでの世界は、ここから時代のうねりとともに大きく変わり、

かつて居た場所は無くなり、新しい世界が作られる。

 

 

 

新しい世界を作るための役割が、一人一人にあります。

 

その役割を全うするための、これまでがあり、

ここからはその役割を全力でやりきるのです。

 

 

 

約束の日の今日、誰もが約束の地に立ち、自らのポジションに気づき、

自然とその位置に戻るように進みはじめています。

 

 

旅の新たな仲間、新たな環境は、もうすでに始動している。

 

定位置に戻り、本来の力を思い出したあなたは、さらに力強く、

新たな仲間とともに前に進んでいくのです。

 

 

 

 

平成最後の満月は、感謝と祈りに満ち、人の想像をはるかに超えた力が働く

 

これまでに感じたことのない不思議な空気感に包まれた、とても印象的な宙模様でした。